2020-07-04

研究会116

日時:2020年8月1日(土)19時から。
会場:Zoom
内容:①Ilse Somavilla,"The Significance of Dostoevsky (and Ludwig Anzengruber) for Wittgenstein," in: Wittgenstein Reading, De Gruyter, 2012, pp. 263-88(伊藤)。②。研究発表(須藤)。

2020-02-03

研究会115

日時:2020年7月4日(土)19時半から。
会場:Zoom
内容:①研究発表(吉田)。②研究報告、Bruce H. Kirmmse,"Kierkegaard, Jews, and Judaism," Kierkegaardiana, 17, 1994, pp. 83-97.(木瀨)。

研究会114

日時:2020年6月13日(土)19時半から。
会場:Zoom
内容:研究報告、Jon Stewart,"Kierkegaard's Relation to the German Romantics and the Problem of Pseudonymity", Faust, Romantic Irony, and System, Museum Tusculanum Press, 2019, pp. 307-339(鹿住).

2020-01-19

研究会113

日時:2020年2月15日(土)14時から。
会場:学習院大学。
内容:①George Pattison, "The Bonfire of the Genres: Kierkegaard’s Literary Kaleidoscope," in: Kierkegaard, Literature, and the Arts, ed. by E. Ziolkowski, Northwestern University Press: Evanston, Illinois, pp. 39-54.(小野)。②『43年の4つの建徳的講話』(須藤)。

2019-12-15

研究会112

日時:2020年1月18日(土)14時から。
会場:学習院大学。
内容:①研究発表(小林)。②George Pattison, “Johan Ludvig Heiberg: Kierkegaard’s Use of Heiberg as a Literary Critic”, in: Kierkegaard and his Danish Contemporaries Tome III: Literature, Drama and Aesthetics, ed. by Jon Stewart, Farnham (England) and Burlington (USA) : Ashgate, 2009, pp. 169–182(木瀬)。

2019-09-15

メンバーがエッセイを寄稿しました

Takaya Suto "Kierkegaards betydning for Japan i dag(現代日本にとってのキルケゴールの意義)"
https://detegn.dk/kierkegaards-betydning-for-japan-i-dag/rblg from detegn

2019-08-25

研究会111

日時:2019年12月28日(土)14時から。
会場:立教大学ロイドホール5階第2会議室。
内容:①Jon Stewart, Kierkegaard's Relations to Hegel Reconsidered, Cambridge UP, 2003, Ch. 10後半(小野)。②同ch. 3後半(吉田)。

研究会110

日時:2019年12月14日(土)14時から。
会場:立教大学ロイドホール5階第2会議室。
内容:①Jon Stewart, Kierkegaard's Relations to Hegel Reconsidered, Cambridge UP, 2003, Ch.10前半(小野)。

研究会109

日時:2019年12月1日(日)14時から。
会場:学習院大学。
内容:①Jon Stewart, Kierkegaard's Relations to Hegel Reconsidered, Cambridge UP, 2003, Ch. 3後半(吉田)。②『43年の3つの建徳的講話』(小林)。

研究会108

日時:2019年11月16日(土)14時から。
会場:立教大学ロイドホール5階第2会議室。
内容:①Jon Stewart, Kierkegaard's Relations to Hegel Reconsidered, Cambridge UP, 2003, Ch. 5後半(鹿住)。